こちらでは、ビットバンク(bitbank)の口座開設、およびAPIキー取得の手順をご説明します。

 

【必要なもの】

 メールアドレス

 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

 

 

口座開設

手順1:ビットバンクのHPにアクセス

まずは以下のリンクからビットバンクのHPにアクセスします。

ビットバンク公式HP

 

 

手順2:メールアドレスでアカウント作成

ビットバンクのHPにアクセスすると、以下の画面が表示されます。

こちらの画面でメールアドレスを入力します。そして「新規登録」をクリックします。

 

次に、以下の画面が表示されます。メールが届かない場合は「私はロボットではありません」にチェックを入れて「再送信」をクリックしましょう。

 

登録したメールアドレスにメールが来たら、そこに記載されているリンクをクリックして、引き続き登録の手続きを行います。

 

パスワード入力」に任意のパスワードを入れます。ビットコインのような大切な資産を管理するのでパスワードは他のパスワードを使いまわさない(他で利用しているパスワードと同じものにせず唯一のものを利用)でください。資産を無くすリスクは極力低くしましょう。

「パスワード再入力」に再度パスワードを入れ、「利用規約」「取引ルール」「リスク事項」を読み同意できれば三つのチェックボックスにチェックを入れます。

そして「登録」をクリックします。

 

 

手順3:本人確認情報の登録

ビットバンクにログインし、以下の画面を表示します。

 

画面右上の「人のアイコン」(赤矢印)をクリックして本人確認設定画面へと移ります。

 

「登録情報」(①)をクリックして登録情報を入力できる画面に移ります。そして「基本情報の登録」の「登録」(②)をクリックします。

基本情報をひとつずつ入力していきます。ここで注意なのが画面赤線の「お客様の入出金口座の名義」です。口座名義とここで登録する名義と本人確認書類は全て同一名義でないと後々面倒なことになります。特にこだわりが無ければ素直に同一名義で入力していきましょう。

入力が終わりましたら「次に進む」をクリックしてください。

 

 

ちらの画面も入力が終わりましたら「確認」をクリックしてください。

 

~中略~

 

登録内容に誤りが無いかどうか確認ができたら「登録」をクリックします。これで基本情報の登録は完了です。

 

「本人確認書類のアップロードに進む」をクリックしてして下さい。

 

利用可能な本人確認書類を確認し、選択をします。そしてカメラで書類を撮影し「表」「裏」でアップロードをしていきます。表と裏のファイルを選択できたら「アップロードする」をクリックしましょう。

 

確認画面に戻り、内容に問題がなければ「この内容で登録する」をクリックしましょう。

 

 

これで本人確認書類の提出は完了です。後は審査が終了し、登録住所に確認書類が届くのを待ちます。郵送物は返信不要で受け取りをするだけですので簡単です。念の為に「登録に戻る」をクリックしましょう。

 

 

念のためですが、本人確認書類が「審査中」となっていればOKです。

 

以上で、口座開設の手続きは完了です。

 

 

APIキーの取得

手順1:ビットフライヤーのHPのBitFlyer Lightningアクセス

ビットバンクのHPにログインして、メニューから「API」をクリックし、APIページが表示されたら「APIキーの発行」をクリック。

 

するとAPIキーの発行ウィンドウが現れます。

 

ラベルは自分のわかりやすい好きな名前をつけます。APIを何に使うか後からわかるようにしておくと良いでしょう。

 

権限はAPIを使ってなんの動作を行えるようにするか設定します。「参照」と「取引」を選択して下さい。

 

あとは二段階認証のキーを入力し、SMS確認コードを取得して送られてきたコードを入力し、「確認する」ボタンをクリックします。

 

確認ウィンドウが表示されたら「発行する」ボタンをクリックします。

 

これでAPIキーの発行が完了です。

「閉じる」ボタンをクリックして戻ります。

 

一覧に発行したAPIキーのラベルが表示されているので、「確認」ボタンをクリックします。

 

APIキーを発行したときと同様にして、二段階認証とSMS確認コードを記入し、「確認する」ボタンをクリック

 

これでAPIキーとシークレットキーが確認できます。

シークレットキーは「表示」ボタンを押すと表示されます。

 

以上で、APIキーの取得は完了です。