こちらでは、ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設、およびAPIキー取得の手順をご説明します。

 

【必要なもの】

 メールアドレス

 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

 

 

口座開設

手順1:ビットフライヤーのHPにアクセス

まずは以下のリンクからビットフライヤーのHPにアクセスします。

ビットフライヤー公式HP

 

 

手順2:メールアドレスでアカウント作成

HPに移動後はメールアドレスを入力して、『アカウント作成』ボタンをクリックします。

 

 

先程入力したメールアドレス宛に、ビットフライヤーから以下の「アカウント確認メール」が届くので、記載されているURLリンクをクリックしましょう。

なお、同じメールにキーワードも掲載されています。しかし、キーワードをコピペするよりも、クリックの方がずっと簡単です。何らかの理由でリンクをクリックしても先に進めない場合に、キーワードを活用しましょう。

 

 

手順3:各種確認事項の確認

ご利用規約や仮想通貨取引におけるリスクなどを確認し、すべてに同意したらチェックを入れて『bitFlyer をはじめる』をクリックします。

 

 

手順4:本人確認情報の登録

次に、本人情報の登録をするかどうか選択します。下の画像の右上の「×」をクリックすると、この手順を飛ばせます。しかし、入金して自由に売買したいので、画像下の「本人情報の登録に進む」をクリックして、登録しましょう。

 

なお、この手順を飛ばすと、「ウォレットクラス」という口座になり、本人確認をすると(その後の郵送手続まで完了した時点で)「トレードクラス」になります。

「トレードクラス」にならないと「仮想通貨の売買」ができないため、必ず本人確認は行いましょう。

 

下の画面が、本人情報登録画面です。氏名や住所等を入力します。難しい部分はありませんので、タイプミスに気を付けながら入力しましょう。この次の画面で、本人確認書類をアップロードします。

 

 

手順5:郵送での確認

上記の「手順4」までを終了すると、あとはビットフライヤーからの郵送を待つのみとなります。

郵送での本人確認が終了し次第、アカウントクラスが「トレードクラス」となり、仮想通貨の売買ができるようになります。

 

以上で口座開設の手続きは完了です。

 

 

APIキーの取得

手順1:ビットフライヤーのHPのBitFlyer Lightningアクセス

BitFlyerにログインし、左のメニューからBitFlyer Lightningにアクセスします。

 

 

手順2:Lightningの利用規約確認

初めてLightning FXにアクセスすると、各利用規約の同意を求められます。

よく読んで理解・同意したらチェックを入れて先に進みます。

 

 

手順3:APIキーの発行

左メニューの『API』をクリック。

 

APIキーとAPI Seacretは、決して他人に知られてはいけません。

APIに関する注意事項やリスクについて記載されてあるので、よく読みましょう。

 

くれぐれも、厳重に取り扱うようにしてください。

 

『ラベル』には自分で区別のつく好きな名前を付けましょう。

APIキーの権限については入出金のチェックを外しましょう

 

API Secretは『表示』をタップすれば表示されます。

繰り返しになりますが、厳重に取り扱うようにしてください。

 

以上でAPIキーの取得は完了です。